fx

2013年11月28日

わたしの夜空

名前も知らない星を
いくつも数えながら
夜を過ごすのが好きだった

星座物語を完全無視の
自分だけの夜空

わたしの中の宇宙には
あなたの名前の星があったり
憧れた街の名前の星座が
今もまだ輝いている

遠い遠い星は
手が届かないほど美しい
そして心を導いてくれる

posted by kokoro | Comment(2) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何も見えなくてもい

見えてくるんだよ

ほら あの彼方に

不思議なくらいに

自然に



夜の闇など

それは何も 怖くはない

信じる心があれば

墨のような 闇夜でも

明るくなる

愛という 言葉で
Posted by ひろ at 2013年12月04日 22:33
ひろさん、詩を添えてくださってありがとうございます。
信じる心があれば
夜の闇さえ怯むことなく
進めるのかもしれませんね。
大切なことを
忘れないようにしたいと思います。
Posted by kokoro at 2013年12月05日 18:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。